ゲームクリエイターを目指すなら職種を意識すべし【資格も多種多様】

MENU

言語やグラフィックを学ぶ

教材

なるための知識や技術

ゲームといえば、以前は子供が専用の機械などを使って遊ぶのが一般的でした。今はスマートフォンやパソコンなどを使って誰でも遊べます。大人でも暇つぶしなどにゲームをしている人は多いでしょう。その分どんどんゲームは作られないといけません。ゲームはゲームを作る会社で作られますが、その時に重要な役割を果たすのがゲームクリエイターと呼ばれる人です。ゲームを作るときに基礎などを考える人ですが、特に資格がないとなれないわけではありません。ゲームクリエイターを目指すのであれば、養成する専門学校があるのでそれらの学校を修了すると良いでしょう。ただ、この仕事をする上で持っておくと良い資格はあります。必ず必要になるわけではありませんが、持っておくといざゲームを作るときに役立つかもしれません。ゲームクリエイターになるのにあるといい資格としてグラフィック系のものがあります。CGクリエイター検定であったり、CGエンジニア検定、マルチメディア検定などがあります。ゲームクリエイターは、コンピュータ上で行うゲームを作る人です。コンピュータで動かすソフトは、プログラムを作成することで実現できます。そこで、プログラム作成に関する資格を取得すると良いかもしれません。情報処理系では、基本情報処理技術者であったり応用情報処理技術者、システムアーキテクト試験などがあります。こちらは国家試験として行われる試験なので、就職をするときなどにアピール材料として使うことができます。