ゲームクリエイターを目指すなら職種を意識すべし【資格も多種多様】

MENU

マイク

いい演技をするには

声優やナレーターになりたいという人の多くが専門学校に入る事を選択しています。入ったらすぐに声優に関する専門的な事を学べるのが魅力です。演技についてはもちろん、社会人として身につけた方がいい事ももちろん指導しています。

ゲーム制作の職種に関して

勉強

いろいろある職種

ゲームクリエイターとは、ゲーム制作に関係する人の事を指します。つまり、グラフィックデザイナーやサウンドクリエイター、シナリオライターやゲームプログラマー、これらの仕事をしている人たちはすべてゲームクリエイターです。だからゲームクリエイターになりたい人は、どの職種に就きたいのかを明確にしておく必要があります。就きたい職種によって取るべき資格も変わるからです。グラフィックデザイナーとは、村人やモンスター、武器や背景等の、ゲームに登場するグラフィックを作成する人です。プレイヤーが視覚的にわかるグラフィックは、ゲームをプレイする人がそのゲームが面白いかを感じる大切な要素です。グラフィックデザインに関係する資格として、Illustratorクリエイター能力検定やDTPエキスパート等があります。サウンドクリエイターは、ゲーム中に演奏される音楽や効果音を作成します。音楽や効果音は、ゲームに臨場感を出したり盛り上げるために必要不可欠な要素です。サウンドクリエイターはPCで専用ソフトを使って作曲することが多いので、資格を取るのであれば、MIDI検定やProTools技術認定試験等が良いでしょう。プログラマーは、グラフィックや音楽をプログラミング言語を使ってプログラミングし、一つのゲームとして完成させます。プログラマーがグラフィックや音楽、ストーリーに魂を吹き込むのです。プログラミング言語にはC言語やJava、Ruby等、様々な種類があり資格も多種多様です。どの職種も一長一短ですが、ゲーム制作は楽しいものです。みなさんもぜひゲームクリエイターになって欲しいと思います。

教材

言語やグラフィックを学ぶ

ゲームクリエイターになるための専門的な資格は特にはありません。ゲームを作成するには、プログラムの作成能力やCGの処理能力が必要になります。情報処理の基礎的な部分から、CGの作成能力などを認定してくれます。

男性

社会人でも通える

今、全国各地に増えているのが声優の専門学校です。社会人でも通いやすいように授業のスケジュールを組める場所もあり、人気を集めています。専門学校を選ぶ時の基準ですが、色々な場所にあるので自分が何を優先するのかが大切です。

メンズ

学ぶことを

ゲームクリエイターになるために資格試験に挑戦する人は多いです。ゲームクリエイターになるために、必ずしも資格は必要ないですが、取得することで自分の能力をアピールすることもできます。ゲームクリエイターに関する技術は専門学校などで学ぶことができます。

女の人

声を使った仕事に直結

声優になるためには専門学校に通うのが良いでしょう。一般的なコースとしては、アニメやゲームの仕事向けになるでしょう。いろいろな役になり切る技術を学びます。ナレーションコースでは、純粋に声の仕事のための訓練を行います。